興味に従って仕事を選べるのが魅力

Filed in 興味に従って仕事を選べるのが魅力 はコメントを受け付けていません。

システムエンジニアとして開発に携わっていきたいと考えてエンジニアになる道を選ぶという人は大勢います。しかし、その勉強の過程や現場で働いた経験から、自分はネットワークエンジニアの方が良いと考えたり、インフラエンジニアとして現場を支える働き方をしたいと希望したりするようになることも珍しくありません。広いIT業界の中で何を担っていきたいかは刻々と変化し得るものですが、企業に勤めているエンジニアはあくまでその企業の方針に沿って働く必要があります。

一方、フリーエンジニアの働き方は企業に勤めるのとは異なり、自分で仕事を選べるというメリットがあるのが特徴です。その都度仕事を獲得しなければならないという大変さがあるのは確かですが、そのときの興味の方向性に応じて従事する仕事を選べるため、興味が変わっていくのに合わせて常に適職に就ける可能性を秘めています。ある分野から別の分野に踏み出していきたいというときに、その境界領域の仕事を探して行うこともできるでしょう。仕事をしながら新しい分野について学ぶこともできて一石二鳥にすることができるのです。

フリーエンジニアになるとそのときに何がやりたいかという判断で仕事を選べるため、漠然とIT業界で活躍したいというイメージを持っている人にとっては、自分の可能性を模索する機会にもできます。勉強したいというときには仕事の量を減らして時間の都合を付けやすいのもメリットでしょう。このことからフリーエンジニアを最終目標とする人も多いですが、案件を自分で獲得する必要があるといった実情も知っておくべきです。ここで、フリーエンジニアの実情を基礎レベルで知ることができるサイト【今さら聞けない?フリーランスの働き方講座】が働き方をイメージできそうなので紹介しておきます。

TOP